学資保険

学資保険と呼ばれるものには、学資保険と子供保険とが含まれています。学資保険は、大学進学費用として、子供が18-22歳になるまでの長い期間お金を積み立てる、預金によく似た保険です。

 

学資保険は、支払った保険料の総額に金利が上乗せされ、最終的に満期金として一括や分割で受け取ることができます。また学資保険には、預金とは違う、保険としての仕組みがあります。それらは保険会社によっても異なりますが、大別すると、医療保障の付帯、親の死亡の場合の養育年金の付帯、満期金以外にお祝い金があるものとなります。

 

まず、医療保障の付帯ですが、これは入院時等に保険金が支給されるものです。中には、最初からではなく、途中から特約として付加できるものもあります。この医療保障は、医療保険の保障内容と同じで、一般的に入院日額5,000円、手術給付10万円といったものです。

 

しかしここで気を付けなければならないことがあります。医療補償を付帯した場合、満期金が元本割れしてしまうことがあるのです。元本割れして、受け取る金額が支払った総額よりも低くなってしまっては、学資保険の意味がなくなってしまいます。ですから、医療保険が必要な場合には、別に加入すべきでしょう。

 

養育年金の付帯にも同じことが言えます。養育年金とは、払い込んだ金額のほぼ半額が満期までに支給されるものです。これにも元本割れが起こりうるので、欲しい時には別に加入した方がよさそうです。

 

お祝い金とは、小・中・高校入学時にお祝い金という形で、満期金の一部が前払いで支給されるものです。お祝い金とはいうものの、これは満期金の一部ですから、小・中・高校入学時に特にお金が必要だと思う場合にのみ選ぶべきです。

 

学資保険は長期的なプランでかける保険なので、比較検討は十分すべきものです。その際最も重視すべき点は、返戻率です。満期金が支払った総保険料よりも多ければ、返戻率はプラスになります。まず返済率のよい保険を挙げてみて、その中から選ぶことが大切でしょう。